スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
Mary Magdalene
mary magdalene


pattern


今日は、マグダラのマリアの祝日。「ダ・ヴィンチコード」など、「実は、マグダラのマリアがイエズスの妻だということが分かった!」という話が時々出ますが、あれはすべてデタラメです。


根拠としてよく使われるのが「トマの福音書」や「フィリポの福音書」等。けれど、これらはグノーシス派という異端の宗派の書物であり、しかも4つの福音書(マタイ、マルコ、ルカ、ヨハネ)のはるか後に書かれたもの。正当な4つの福音書は、50-100ADの間に書かれたと聖書学者たちはほぼ一致していますが、グノーシス派の福音書は、早くても2世紀の終わり、そのほとんどが3〜5世紀の間に作成されたものです。


中でも、彼女が妻だったという根拠として出されるのが、「フィリポの福音書」での記載なのですが、実は、はっきりと「妻だ」とは明記されていなんです。ほとんどの人が原典を知らないのを良いことに、主張者たちが、都合よく解釈をしているだけ。


マグダラのマリアについては「主の同伴者」と書かれていて、原文では「コイノーノス」となっています。このギリシャ語の持つ意味は、「誰かを、あるいは、何かを分ちあう親しい仲」という意味で、ビジネス的な仲から親しい仲にいたるまで幅広く用いられる語です。


聖書の中でもこの語は使われていますが、まったく性的な関係での意味では使われていません(マタイ23:30、ルカ5:10等)。特にグノーシス派は肉体というものを卑下しますから、この箇所だけ「肉体的な連れあい」として読むのは不自然で、「霊的な連れあい」と読むべきだと思います。


また、「フィリポの福音書」にはイエズスがマグダラのマリアにキスする箇所が出てきます。「これこそ妻であることの証拠!」となるかもしれません。けれど、グノーシス関連の別の書物で「ヤコブの黙示録」というものがあります。この中でイエズスはヤコブの口に「愛するものよ」と言ってキスをします。


この場面、どのような場面かというと、復活したイエズスが「隠された知識」をヤコブに伝える場面です。「キス」というものはグノーシス派にとっては肉体的な意味のものではなく、「象徴」です。何を象徴しているのかというと、キスを受ける者が特権を持つポジションにいるということを示し、この「キス」によって「隠された知識」が伝達されるということを表します。グノーシス派はマグダラのマリアを使徒以上に最も深淵な知識を与えられたものと見なすのですから、マグダラのマリアへのキスも、夫婦といった肉体的な間柄ではなく、彼女が最高の使徒であることを象徴しているはず。


さらに言えば、先述したようにグノーシスは「肉体は忌むべきもの」とみなしています。天地創造は「真の神」によってではなく、より低級の「神」によって創造されたため、物質的存在は「悪」であり、人間はこの状態から「隠された知識」をもって抜け出さなくてはならないと教えます。人間の体を「悪」として卑下しますから、この点からも「グノーシスの福音」にあるイエズスとマグダラのマリアの関係を「肉体的なもの」と解釈するのは、グノーシスの思想と矛盾してしまいます。グノーシス思想の観点から読めば、イエズスとマグダラのマリアの関係は、マグダラのマリアに「隠された秘密」が伝えられたという霊的な関係としか読めないと思います。





sometimes, people say that mary magdalene was the spouse of JESUS (such as the case of "the da vinci code" etc), but their claims are hoax. they refer to the heretic books of gnosis, like "gospel of thomas" and "gospel of phillip" to support their story, however, we must know that the authorized gospels (matthew, mark, luke and john) were all written around 50-100A.D., but the gnostic gospels were consisted around 3-5 centuries, much later time of JESUS.


it has been said that the "gospel of phillip" clarifies that JESUS' wife was magdalene, but even the gnostic book does not clearly say so.


magdalene is described as "the companion of the LORD". the original greek terminology is "koinonos" which indicated various range of intimacy, from the intimate accompany to the business partner. the same word is used in the bible, too (mat 23:30, luke 5:10 etc.), but these do not show the sexual relationship. furthermore, gnosis disdains the physical body, the word in "gospel of phillip" should be read as the spiritual relationship.


in another part of the gnostic book, JESUS kissed mary magdalene and people say this is the sign of the wedded pairs. however, in other gnostic bible, "apocalypse of james", JESUS kissed james, too, when the resurrected CHIRST delivers the "hidden knowledge" to james. the kissing is very symbolic to the gnosis and it expresses the one who is kissed is in the special position and he/she receives the "hidden knowledge". the gnostic followers regard mary magdalen is superior to the apostles, so the kissing should be the sign that clarifies she is the ultimate apostle of JESUS, not the physical spouse of the LORD.


as mentioned earlier, the gnostic sect hates the body (and the physical substances) as "evil", for the world was created by the inferior god, not by the true GOD. they teach that we must get out of the physical world by the hidden knowledge. so, the claim that the JESUS and magdalene's relationship was physical contradicts the belief of the gnosis. from the gnostic viewpoint, their relationship can be only read as spiritual.





護教 comments(0) -
スポンサーサイト
- - -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>