スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
New Testament
eucharist


pattern


「新約」とは、聖書のことではなく、キリストのご聖体のことだということを、クリスチャンは忘れているのではないでしょうか?


一番最初の福音が書かれたのは、1世紀後半。それまで、キリスト者は、「聖書」を持っていませんでした。2世紀ごろから書物がまとめられはじめ、「新約聖書」と呼ばれるものが最終的にまとまったのは、4世紀。また、聖書自体が「新約」なのではなく、聖書は元来「新約の書、新約についての書(books of the new testament)」と呼ばれていました。


では、キリスト者たちは、まとまった聖書のない時代、何をしていたのでしょう?主の聖体が「新約」だからこそ、「聖書」という書物がなくとも、キリストによってもたらされた「新しい契約」を思い起こし、記念できたのです。そもそも、聖書自体が、聖体を祝う準備のためにまとめられたものです。主は、「私の語ったことを行え」とは言っても、「私の語ったことを書き記せ」とは一度も言われませんでした。


さらに、イエズスが聖書の中で「新約」、つまり、「新しい契約」とおっしゃっているのは、聖体の部分のみです。(「この杯はあなたたちのために流されるわたしの血による新しい契約である。」ルカ22:20)また、パウロも「「この杯は、わたしの血によって立てられる新しい契約である。 飲む度に、わたしの記念としてこのように行いなさい」と言われました。 (一コリ11:25)」と、イエズスが制定した新約である聖体について語っています。


新約は旧約の完成であり、旧約の過ぎ越しは、新約の過ぎ越しによって完成されます。過越祭の祝いには、伝統的儀式がありました。聖木曜日、使徒たちが過越祭を祝うために高間に集まっていたとき、イエズスは聖体を制定されました(ルカ22:19-20)。伝統の儀式に、イエズスが新しいものを付け加えたわけです。その時、弟子たちはイエズスが何をしているのか、何のことを言っているのか、まだ分からなかったでしょう。


十字架の刑は、エルサレムの城壁外で執行されました。当時のユダヤでは、生贄を捧げるのは城壁内の神殿の祭壇上ででした。だから、イエズスの十字架は、聖木曜日にイエズスが自身を捧げた聖体制定がなければ、ただのローマの刑罰を受けたにすぎない事になります。けれど、聖木曜日の聖体の制定があったからこそ、イエズスの犠牲は、究極の生贄となるわけです。旧約の時代、生贄にされた子羊の血が人々の贖罪のために捧げられ続けましたが、新約の時代、神の小羊であるイエズスの血が、人々の救いを完成させたわけです。


ですから、聖体中心でなければ、新約のクリスチャンとは言えないのです。





do we really know that the "new testament" is the eucharist, not the bible?


the first gospel was written in the late 1st century. until then, there had not been any written documents for the christians. people started gathering the books from the 2nd century, and what we call now "the new testament" bible was completed in the 4th century. the bible itself is not the new testament and it was initially called “books of the new testament”.


then, what were the christians doing without the bible? well, the eucharist itself is the new testament, so there was no need for them to depend on the written documents for remembering and celebrating the new testament. the bible itself was edited so that people of later time could prepare the eucharist accordingly. our LORD never commanded to write down anything, but to do what HE taught.


furthermore, JESUS only mentiones the “new testament” once. it is when he establishes the eucharist during the last supper (luke 22:20). also, st. paul clarifies that the new testament is the blood of CHRIST (1 cor.11:25).


the new testament completes the old, and the passover of the old testament is completed by the passover of the new testament. there was the special liturgy for celebrating the passover meal. on holy thursday, when JESUS and HIS apostles gathered at tabernacle to celebrate the passover meal together, our LORD set up the eucharist (luke 22:19-20). HE added something new to the old liturgy. the apostles might not know at that time what HE did and what HE meant with it.


the crucifixion was carried out outside the wall of jerusalem. in the jewish community, the sacrifice must be offered on the alter in the temple. so, if there were not the eucharistic event on holy thursday, the crucifixion was merely the roman execution. but, JESUS freely offered HIMSELF as the sacrifice of love through the eucharist, the crucifixion became the supreme sacrifice. the blood of lambs which had been offered for the atonement of mankind during the old testament time, the blood of CHRIST, the lamb of GOD, completed the salvation once and for all.


so, if we are not the eucharistic chrsitians, we are not the christians of the new testament!





護教 comments(0) -
スポンサーサイト
- - -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>