スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
St. Catherine Laboure
relic


pattern



こちらは、ご縁があって我が家に来ていただくことになった、聖カタリナ・ラブレ(19世紀のフランスの修道女。聖母の出現を受け、あの有名な「不思議のメダイ」を作るように頼まれる。)の聖遺物(第1級)です。聖人の骨の欠片となります。(証明書にはex ossibus(骨)とあります。)

写真で見ると、聖遺物容れは小さく見えるかもしれませんが、かなりしっかりとした作りで、ずっしりと重いです。美しい刺繍が施され、中央に聖人の遺骨が静かに置かれています。聖遺物容れは、聖体顕示台のように非常に荘厳な容器が多いですが、こちらは、信徒がキスできるための容器のようです。

聖カタリナ・ラブレとは、昔から本当にご縁があります。

まず、古い教会暦では、彼女の祝日とボクの誕生日は同じ。(蛇足ですが、福者ヨハネ23世の誕生日と同じです。)そして、学生時代に初めてフランスに行ったとき、パリで不思議のメダイ教会にお邪魔して、いまだ腐ることなく残っている聖人のご遺体と対面。昔から来たいと思っていたこのチャペルに自分がいることに感激し、かなりの時間、そこで祈って過ごしました。祭壇の後ろにある聖母のご像がすごく美しいんですよね!また、不思議のメダイを通して、クリスチャンじゃない家族も助けてもらっています。

それ以前に、不思議のメダイとは、まだまだ洗礼さえ受けていない、おそらく小学生だった頃から手にしていたのを覚えています。実家のある福岡の大名町のカテドラル。まだ建て替え前の古いお御堂だったとき、横にあったセント・ポールの売店で、青や赤の透明のエナメルを施された美しいおメダイに心惹かれて、小さな聖母のご像と一緒に、優しくて聖人のような祖父(祖父はクリスチャンじゃありません)に買ってもらったように記憶しています。

ちなみに、今の教会暦では、ボクの誕生日は、アレクサンドリアの聖カタリナの祝日になります。どちらも「カタリナ」。「カタリナ」は、ギリシャ語では「Αικατερίνη(アイカテリーネー)」で、元は「καθαρός(カタロス:純粋)」から派生しています。

ボクも聖女たちに習って、純粋な人間になれますように!!!!!

Sancta Catharina, ora pro me!!!!!


天使・聖人 comments(0) -
スポンサーサイト
- - -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>