スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
Meet Me in Galilee



pattern


月曜日の福音のある箇所をずっと思いめぐらせています。復活したイエズスが、墓に来た女性たちに、弟子たちにガリラヤへ行くように告げる場面です。

 

するとイエズスは、「恐れることはない。行って、わたしの兄弟たちに、ガリラヤへ行くように告げなさい。そこでわたしに会うであろう。」と言われた。(マタイ 28:10

 

マルコの福音書にも、同じような箇所が出てきます。伝言する側は天使ですが。

 

さあ行って、弟子たちに、特にペトロにこう言いなさい。「イエズスは、あなたがたより先にガリラヤに行かれます。かねてから言っておられたとおり、そこであなたがたはイエズスに会えるでしょう」と。(マルコ16:7

 

復活後のイエズスは、なぜエルサレムでなくガリラヤで弟子たちと会われるのか?その理由は、聖書のどこにも記載されていません。

 

エルサレムからガリラヤ地方までは、100km強ほどの距離だそうです。だいたい人の歩く速さは4km/hなので、112時間歩いたとして、二日強かかります。決して近い所とは言えません。しかも、岩肌のごつごつした乾燥地帯ですから、旅も一苦労ではないかと思います。ちなみに、「ガリラヤ」はヘブライ語で「galil(ガリル)」で、「地区」や「地方」、「周辺」といった意味とのこと。エルサレムを中心としたユダヤ社会にとって、まさに辺境という感じなのでしょう。

 

さて、復活されたイエズスは、すぐに弟子たちに姿を示されるのではなく、なぜわざわざ遠いガリラヤで会われるのか?

 

ガリラヤは、弟子たちと最初に出会った土地だからではないでしょうか?初めて主と出会った時、弟子たちは、喜びに満たされていたことでしょう。そして、すべてを捨てて主に従うことを決心します。ですが、恐ろしい受難を目の当たりにして逃げた弟子たちは、悲嘆にくれ、希望を失い、信仰を失いかけていたかもしれません。しかし、ガリラヤにおいて復活した主に出会うことで、再び喜びに満たされ、原点に戻り、信仰を新たにするのではないでしょうか?ガリラヤは喜びの地であり、憩いの地であり、出会いの地であり、信仰を新たにする場所の象徴なのではと思いました。

 

また、私たちはイエズスを見失いかけたとき、エルサレムのような虚栄と雑音に満ちた環境ではなく、世俗的なことから離れた静寂さの中でこそ、イエズスと再会できるということも示しているのではないかとも思います。

 

この箇所を黙想して感じること、神学的な説明、その他もろもろ、ぜひコメントでシェアしてください!blog上でもこういう形でお互いの信仰を深めることができればと思います。








黙想 / Meditation comments(4) -
スポンサーサイト
- - -
Comment








ん〜〜、やっぱり原点に戻って再スタート、という意味も感じますし、
あと、エゼキエル書47章の8〜10節辺りも連想したりしますね。
特に10節とか。

そう言えば最初の召命の時も、
「人をすなどる漁師にしよう」でしたね。
from. からやん | 2012/04/10 21:30 |
■ エゼキエル 47 8-10

47:8 彼はわたしに言った。「これらの水は東の地域へ流れ、アラバに下り、海、すなわち汚れた海に入って行く。すると、その水はきれいになる。

47:9 川が流れて行く所ではどこでも、群がるすべての生き物は生き返り、魚も非常に多くなる。この水が流れる所では、水がきれいになるからである。この川が流れる所では、すべてのものが生き返る。

47:10 漁師たちは岸辺に立ち、エン・ゲディからエン・エグライムに至るまで、網を広げて干す所とする。そこの魚は、いろいろな種類に増え、大海の魚のように非常に多くなる。
from. taddy | 2012/04/11 09:45 |
からやんさん、分かち合い、ありがとうございます!

人をすなどるという召命。そういえば、ヨハネの福音書の最後の付け加えられたエピローグも、21章で不思議な漁の話をしていましたね。ティベリア湖畔はガリラヤ湖のことですし、そこでイエズスと出会い、一晩漁をしてても何もとれなかったのに、イエズスの言った通りにすれば大漁に。そして、イエズスを発見するヨハネ、湖に飛び込んで一目散にイエズスの元に駆け寄る興奮したペトロ!

この場面は、マタイやマルコのところで出て来る復活直後のガリラヤでのことなのか、あるいは、また別の日のことなのかはわかりませんが、人をすなどる者としての召命を再起させますね。彼らは失望のうちにガリラヤで沈んだ日々を過ごしていたのか、漁をしてもうまくいかないと溜息ついていたのか、何とも言えませんが、故郷においてイエズスと再び出会い、喜びに満たされ、ペトロの3度の否定を清めるかのように3度愛していることを宣言させ、罪を清め、牧者に再度立てる。イエズスの弟子たちへの深い愛が伝わってくる場面でもありますね。
from. taddy | 2012/04/11 09:56 |
管理者の承認待ちコメントです。
from. - | 2012/04/13 13:45 |
<< NEW | TOP | OLD>>