スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
Dona Eis Pacem
sky

pattern

昨日(2/23)、メンディサバル神父さまの葬儀ミサに参列してきました。

まだ、亡くなったことが信じられない気持・・・。メンディサバル神父と同じ地方出身のスペイン人司祭が、彼との思い出をシェアしてくださいました。

ミゲル・メンディサバル神父さまは、スペインのギプスコア州で1920年11月29日に生まれます。ご両親はとても立派な方々だったそうで、4人の兄弟と6人の姉妹という大家族。しかも、4名の男兄弟はなんと全員司祭に、姉妹のうち2〜3名以外はみんなシスターになったということです!若いころはサッカーの選手としても活躍。かなりのスポーツマンだったそう。いつもゆっくり歩き、穏やかに話される神父さまからは、想像もつきませんでした。

1936年、イエズス会に入会。神学生時代に、南米のエルサルバドルに派遣されます。この同僚司祭は、現地から送られてきた会報を、今でも記憶しているそうです。記事に何が書かれていたかは忘れてしまったということですが、そこには若いメンディサバル青年の写真と、その下に「Fordidad y Suavidad (フォルディダド・イ・スアヴィダド)」という短い言葉が書かれていたそう。それは、スペイン語で「勇敢に、そして、柔和に。」という意味で、聖書の中の言葉から取られていました。そして、それこそが、まさに神父さまの生き方であったと。忍耐強かったからこそ、柔和でいられたと。

ちなみに、1936年と言えば、コミュニストとファシストがぶつかったスペイン内戦に突入した時代。修道会は追い出されてしまったため、ベルギーで修練を続け、1951年に司祭に叙階されます。

1954年、日本に派遣されます。すでに30歳を超えてましたから、ゼロから日本語を学ぶことは、非常に骨の折れることだったことは想像に難くありません。しかし。神父さまの日本語はなまりもほとんどなく、とても流暢で美しい日本語でした。そこから死去するまでの約60年間、日本のために尽くされました。

ですが、一度、南米のエクアドルに、現地の修道院の院長として派遣されます。直前にローマで偶然に再会したこの同僚の司祭は、メンディサバル神父さまから「大変なことになりました!」と言われたそう。が、長上の命令に忠実に従い、エクアドルへとすぐに赴きます。当初、2〜3年の派遣と言われていたのが、10年になっていました。現地の人たちが帰したがらなかったんだろうなと思います。

そのまま、母国スペインに帰ることも可能だったのですが、メンディサバル神父さまは日本に戻ることを選ばれました。そして、つい先週くらいまで、90歳になりながらもしっかりと毎日仕事をこなされていたんです。

神父さまは修道院の修練長などをたびたびされているせいか、黙想指導にも定評がありました。イエズス会には、ロヨラの聖イグナチオが残した「霊操」という黙想の方法があります。この黙想は28日間かけておこなわれます。神父さまご自身もたびたび黙想をされていらっしゃいました。そして、最近も神父さまは「霊操」をされていたそうですが、亡くなったのはちょうど「霊操」の最終日(28日目)だったとのこと。まさに神さまが呼びにこられたんでしょうね。

死去も突然のことだったようです。先日、若干体が痛むと体調の不良を言われていたそうですが、休めば大丈夫だろうということで静養を取っていたところ、神父さまの部屋を訪れた別の神父さまが、メンディサバル神父がこん睡状態に陥っていることに気付きました。そして、すぐにお医者さんを呼んだのですが、病院に運ぶよりも兄弟たちに囲まれて最期を迎えた方が幸せだろうという判断となり、修道院の中で静かに死を迎えられました。死の直前、お顔が輝くように美しかったとのことです。

平日の昼間でしたが、葬儀ミサにはたくさんの人たちが別れを惜しんで参列しました。聖なる師を失った悲しみにあふれていましたが、キリスト教では死は終わりではなく、復活の喜びに向けた晴々しさがあります。さすがにご遺体にお別れの献花したときには、涙があふれてきて止まりませんでしたが・・・。

で、思いました。大事な方を失ったため、ボクの中は今ぽっかり穴が開いた感じです。これは、言い換えれば、ボクたちって、周囲のたくさんの人たちによって作られているんだなと。ボクという存在は、人生の中で出会うたくさんの人たちによって構成されているんですよね。だから、一人欠けると、ボクの中の構成要素が一つかけてしまうから、喪失感を感じる・・・。それだけ、ボクたちは、自分ひとりで生きているのではなく、周囲に生かされているということです。

葬儀の後、空を見上げると、青く晴れ渡った空に、一筋の飛行機雲がただよっていました。
いろいろ comments(0) -
スポンサーサイト
- - -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>