スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
Fr. Mendizabal

Fr. Mendizabal



pattern


あまりにも悲しいお知らせです。

 

告解で有名だったイグナチオ教会のメンディサバル神父さまが帰天されました。原因はまだわかりませんが、突然亡くなられたとのこと・・・。信じられません・・・。

 

ボクは受洗してから、ずっと告解はメンディサバル神父さまでした。かれこれ15年以上、ボクの懺悔に耳を傾け、赦しの秘跡を与えてくださったことになります。いつも、彼の告解には、多くの人が列をなしていましたね。あのような聖なる神父さまをお与えいただいて、ボクは幸せです。ボクだけでなく、東京近辺の多くの信徒の聴罪司祭だったことでしょう。

 

つい先週末も、ボクの告解を聞いてくださったばかり。ご高齢ではありますが、とてもお元気そうだったのに・・・。霊的に育ててくれた恩人です。最後にゆっくりお話したかった・・・。


以下がお通夜と葬儀のスケジュールです。

 

お通夜:  2/22 19:30~ (イグナチオ教会)

葬儀ミサ:2/23 13:30~ (イグナチオ教会)

 

突然とても大切な方を失い、ショックで、心に穴があいたような気持ちです。しかし、主は与え、主は取られます。多くに日本人の霊的なケアをしてくださったメンディサバル神父さまが、聖母のマントに包まれてイエズスのもとへと導かれますように。そして、日本のために人生を捧げてくださって、神父様、ありがとうございます。

 


わたしは裸で母の胎を出た。

わたしは裸でそこへ帰ろう。

主は与え、主は取られる。

主の御名は、主の御名は、たたえられよ。


いろいろ comments(4) -
スポンサーサイト
- - -
Comment








taddyさん、

メンディザバル神父さまが亡くなられた事、今朝、聞きました。
びっくりのあまり涙が止まりませんでした。
だって、、今月,告解室で会ったばかりで元気そうだった神父さま。
主人は二週間前。長男は先週。taddyさんも2週間前に会ったばかりだったのですね。

私は結婚の前からずっとメンディザバル神父さまと告解をしてきました。taddyさんといっしょで15年以上お世話になり、支えられ、導かれました。子供達も初聖体以来、告解はいつもメンディザバル神父さま。とても謙遜で優しい、愛溢れる神父さまでしたね。みんな大好きだったからショックは大きいです。

先週長男にこんな言葉を神父さまはかけてくださいました:
「家族はみんな元気?兄妹は元気?」「元気でね、、」と。

そして私を名前でいつも呼んでくださる神父さまは最後の告解で:
「flowerosa,お元気ですか」「はい、元気です。神父さまも元気?」「うふふ(と笑いながらニコニコしていました)」「うふふ(私も嬉しくて小さな声で笑いました」最後に:「頑張ってください、flowerosa!!」「はい!がんばります、神父さま!!」

これが私が最後に神父さまと交わした会話です。
父親のようにいつも私たちの事を気にかけてくださる優しい方。
私たち家族はどれほど彼に助けられたかと思うだけで涙が止まりません。
きっと天国から変わらず私たちを見守っていると感じます。
感謝の気持ちとして家族でロザリオの祈りを捧げたいと思います。

記事にしてくださってありがとう、taddyさん!
素敵な神父さまに出会えて幸せですね、ほんとに!

from. flowerosa | 2011/02/22 20:28 |
私も悲しく手仕事をしていてもこころはうわのそらでした!聴罪司祭というのは身内以上に繋がりが深いのだと知りました!
from. 大輔 | 2011/02/22 20:45 |
>> flowerosaさん

寂しいけれど素敵なお別れだったのですね。

ボクが最後にお会いしたのは13日の告解でした。神父さまの優しい声と、透き通るような静かな祈りの姿が見れないと思うと、涙があふれてきます・・・。ここしばらく、ボクをもっともっとイエズスの方へと導こうとされているのを感じていたのですが、もしかすると、残された時間を感じておられたのでしょうか・・・。今年はボクにとって大切な年になるだろうとおっしゃられていました。

flowerosaさんも15年以上お世話になったのですね。それも家族ぐるみでお世話になったのですね。大きな恵みです。

たくさんの魂のために、死の直前まで働かれていた神父さまに、感謝の気持ちでいっぱいです。もう90歳でいらっしゃったのですね・・・。

from. taddy | 2011/02/22 23:02 |
>> 大輔さん

ボクも昨日仕事中にメールが来て、信じられないほどショックで、仕事手つかずでした・・・。おっしゃる通り、聴罪司祭とのつながりは、これほど深いものだったのかと、今更ながら感じさせられます。人生の中の大きなよりどころを失った喪失感でいっぱいです・・・。

けれど、このような聖なる司祭を与えてくださった主に感謝ですね。ボクたちは幸せ者です。
from. taddy | 2011/02/22 23:05 |
<< NEW | TOP | OLD>>