スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
Agni Parthene

queen




ボクはグレゴリオ聖歌が大好きです。人間の声だけで構成されている点、体の芯まで響いてくる心地よい「ゆらぎ」、美しく神秘的でありながら素朴なメロディー。朝晩必ず聞きます。単なる気持ちよい「音楽」なのではなく、聖なる言葉に満ちた「祈り」ですから、心身を整えてくれます。グレゴリオ聖歌は、ココロのよどみを取り去り、疲れを癒し、余計なものを取り除き、神との静寂な交わりの中においてくれますよね。実際、悪魔祓いにたずさわっている人の著書に、エクソシズムにおいて悪魔に対して効力のある道具のひとつとして、聖歌があげられていました。


悪魔は音楽を通しても人に働きかけます。低俗な音楽は、人間の神経を逆立たせ、平安を奪い、気持ちをいらだたせます。中身を空っぽにしてしまいます。そして、神のことではなく、この世的なもので自分をいっぱいにしてしまいます。ですので、ここ最近は、まったくポップスも聴かないし、ラジオさえつけなくなりました。もともと聴かないジャンルではありますが、クラブミュージック(トランス系とかユーロビートとか)、エスニックミュージック、ラップやロック、ヘビーメタルは、その音に触れるだけで、体調が悪くなります・・・。いかに悪魔がそれらを通して働いているかがわかります。


グレゴリオ聖歌では、「ソレム派」と呼ばれるものが好きです。フランスのソレムにあるサン・ピエール修道院を中心とする聖歌です。旋廻が独特な点もありますが、あの「ゆらぎ」が最も心地よく聞こえるのが、ソレム方式の聖歌だと個人的に思います。


さてさて、最近またひとつ素敵な聖歌にでくわしました。カトリックではなく、ギリシャ正教の聖歌のひとつで、「Agni Parthene (アグニ・パルせネ(アグニ・パルテネとも):清らかな乙女)」というものです。ギリシャ正教の聖歌は、中東的な色合いの音色が強く残っおり、エキゾチックな感じと荒削りな感じがして、ボクたちが慣れ親しんでいるカトリックのやわらかな聖歌とはまた違います。「Agni Parthene」はまさに聖母を讃える聖歌のひとつですが、このメロディーがとても美しいんです。勇壮でありながらも繊細で、神秘的で、一度聴いたら離れない単純なメロディー。天上の音楽を聴いて書き取られたと伝えられているそう。


この歌は、生前から聖人の誉れの高かったエギナの聖ネクタリオスによって作曲されました。彼は正教会の司祭として生きている時から奇跡をおこない、死後、墓を移設するときに墓を開くと、芳しい香りがしたのだそうです。


YouTubeには、ギリシャ正教の聖山アトスにある修道院のひとつ、「シモノペトラ修道院」の修道士たちが歌っているものと、セルビア人の女性歌手が歌っているものとがありますが、どちらも素敵です。女性歌手の方は、歌詞が短縮されています。ギリシャ語歌詞をカタカナにしたものと、英語の訳を一緒に載せておきますね。









■ ギリシャ語歌詞:カタカナ標記
(さ:tha、サ:sa、ら:ra、ラ:laと、発音にあわせて書き分けています。)

アグニ パルせネ デスピナ アッハらンテ せオトケ
ヘれ ニムフィ アニムフェフテ
パるせネ ミティる アナサ パネドらセ テ ポケ
ヘれ ニムフィ アニムフェフテ
イプスィロテら ウらノン アクティノン ランプろテら
ヘれ ニムフィ アニムフェフテ
ハら パるせニコン ホろン アッゲロン イペるテら
ヘれ ニムフィ アニムフェフテ
エクランプろテた ウらノン フォトス カさろテら
ヘれ ニムフィ アニムフェフテ
トン ウらニオン ストらティオン パソン アイオテら
ヘれ ニムフィ アニムフェフテ
マりア アイパるせネ コスム パントス キりア
ヘれ ニムフィ アニムフェフテ
アッハらンテ ニムフィ パンナグネ デスピナ パナギア
ヘれ ニムフィ アニムフェフテ
マりア ニムフィ アナッサ ハらス イモン エティア
ヘれ ニムフィ アニムフェフテ
コり セムニ ヴァスィリッサ ミティる イペらギア
ヘれ ニムフィ アニムフェフテ
ティミオテら ヘるヴィム イペれンドクソテら
ヘれ ニムフィ アニムフェフテ
トン アソマトン セらフィム トン すろノン イペるテら
ヘれ ニムフィ アニムフェフテ
ヘれ ト アスマ ヘるヴィム ヘれ イムノス アッゲロン
ヘれ ニムフィ アニムフェフテ
ヘれ オディ トン セらフィム ハら トン アルハッゲロン
ヘれ ニムフィ アニムフェフテ
ヘれ イりニ ケ ハら リミン ティス ソティりアス
ヘれ ニムフィ アニムフェフテ
パスタス トゥ ログ イエら アンそス ティス アフさるスィアス
ヘれ ニムフィ アニムフェフテ
ヘれ パらディセ トゥろフィス ゾイス エオイニアス
ヘれ ニムフィ アニムフェフテ
ヘれ ト クスィロン ティス ゾイス ピヒ アさナスィアス
ヘれ ニムフィ アニムフェフテ
セ イケテヴォ デスピナ セ ニン エピカルメ
ヘれ ニムフィ アニムフェフテ
セ ディソポ パンタナッサ スィン ハりン エクセトゥメ
ヘれ ニムフィ アニムフェフテ
コり セムニ ケ アスピレ デスピナ パナギア
ヘれ ニムフィ アニムフェフテ
せるモス エピカルメ セ ナエ イギアスメネ
ヘれ ニムフィ アニムフェフテ
アンティラヴ ム りセ メ アポ トゥ ポレミウ
ヘれ ニムフィ アニムフェフテ
ケ クリろノモン ディクソン メ ゾイス ティス エオニウ
ヘれ ニムフィ アニムフェフテ

(余談ですが、「へれ(here:喜びたまえ!)」は、聖書にある古代ギリシャ語の「カイれ(chaire)」ですね!ガブリエルがマリアに挨拶した言葉です。"ch"は"h"、"ai"は"e"になったんだなと、言語学を勉強してた人間としては納得!)


■ 英訳歌詞

O pure and virgin Lady, O spotless Theotokos: Rejoice, O unwedded Bride!
O Virgin Queen and Mother, O dewy fleece most sacred: Rejoice, O unwedded Bride!
O height transcending heaven above, O beam of light most radiant: Rejoice, O unwedded Bride!
O joy of chaste and virgin maids, surpassing all the angels: Rejoice, O unwedded Bride!
O brilliant light of heaven above, most clear and most radiant:  Rejoice, O unwedded Bride!
Commanding chief of heavenly hosts,  O holiest of holies:  Rejoice, O unwedded Bride!
O ever-virgin Mary, O Mistress of creation: Rejoice, O unwedded Bride!
O Bride all-pure and spotless,  O Lady all-holy: Rejoice, O unwedded Bride!
O holy Mary, Bride and Queen, and cause of our rejoicing: Rejoice, O unwedded Bride!
O Maiden Queen most hon'rable,  O Mother most holy: Rejoice, O unwedded Bride!
More precious than the cherubim, more glorious than the seraphim: Rejoice, O unwedded Bride!
Surpassing principalities, dominions, thrones and powers: Rejoice, O unwedded Bride!
Rejoice, song of the cherubim, rejoice, hymn of the angels: Rejoice, O unwedded Bride!
Rejoice, ode of the seraphim, and joy of the archangels:: Rejoice, O unwedded Bride!
Rejoice, o peace; Rejoice, o joy, and haven of salvation: Rejoice, O unwedded Bride!
O bridal chamber of the Word, unfading, fragrant blossom: Rejoice, O unwedded Bride!
Rejoice, delight of paradise, rejoice, life everlasting: Rejoice, O unwedded Bride!
Rejoice, o holy tree of life, and fount of immortality: Rejoice, O unwedded Bride!
I supplicate thee, Lady, I humbly call upon thee: Rejoice, unwedded Bride!
O Queen of all, I beg thee, to grant me thy favor: Rejoice, O unwedded Bride!
O spotless and most honored maid, O Lady all holy: Rejoice, O unwedded Bride!
I call upon thee fervently, thou temple most holy: Rejoice, O unwedded Bride!
O thou my help, deliver me, from harm and all adversity: Rejoice, O unwedded Bride!
And by thy prayers show me to be, an heir of immortality: Rejoice, O unwedded Bride!



聖歌 comments(3) -
スポンサーサイト
- - -
Comment








Taddyさん、今晩は

前回の罪についてのお話はわかったようで難しくてコメントが出来ずにいました。
罪によって神様の近くにより引き上げられたって実感したことがまだないからかもしれませんね。

グレゴリアンはわたしも好きですよ、わたしは毎日ではありませんが部屋で静かにしていたいときは聴きますね。
セルビア人の女性の方の聖歌も素敵だなって思いました。確かにカトリックの繊細な感じとは違ったメロディですね〜。

わたしは聖歌隊でずっと歌ってきました。
歌は本当に大好きで主日のミサの前は自宅で練習します。
天国を迎えるための準備です。

今度は聖霊降臨ですね、これから練習しま〜す。
Taddyさんの上にも聖霊が豊かに豊かに降り注がれますように。
from. Anna | 2010/05/19 20:37 |
>> Annaさん

めちゃくちゃコメントが遅くなってしまい申し訳ありません!サボっちゃってました w w w

先日、珍しいCDを購入しました。ビザンツの聖歌がグレゴリオ聖歌に移ったばかりくらいの聖歌で、これまた素晴らしいメロディーでした!ここに載せれないのが残念なくらい・・・。

聖なる音楽は空間を清めてくれますよね!
from. taddy | 2010/08/19 21:53 |
こんにちは Taddyさん

お久しぶりです コメントありがとうございます。

ようやくRegina Pacis が復活してわたしはかなり喜んでいます。

また素敵なTaddyさんのセンスある記事を続けていただけるよう願って

います。これからもよろしくお願いします。

アンナより

from. Anna | 2010/08/26 15:52 |
<< NEW | TOP | OLD>>