スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
Fr. Sudac / Confession and the Ten Commandments: 10

prayer



第10の掟は、「隣人の財産を欲してはならない。」です。

神はすでに第7の掟で、「盗んではならない。」とおっしゃっています。そして今また、「隣人の財産を欲してはならない。」とおっしゃいます。欲しがるなと。そのような考えをもつなと。なぜでしょう?なぜ神はこの二つの掟を定められたのでしょう?

それは、わたしたちが清らかな心を保つためです。でも、何のために?すべての悪はここから、つまり、わたしたちの心の中にわき起こる考えから始まるからです。ですから、わたしたちは自分たちの思いをしっかりと保っておかなくてはいけません。そうすることが、最良の償いとなります。

清らかな心。そして、しっかりと閉じた口。これが最良のアドバイスです。清らかな心と沈黙とがあれば、神の語られる言葉を静けさの中で聞くことができます。



これが神の十戒です。そして、イエズスは十戒を通して「愛の掟」を世に明かにされました。心をこめ、魂をこめ、思いをこめ、力の限り、全存在をかけて、神を愛すること。このことを可能にするには、わたしたちはまず告解をしなくてはなりません。これが条件です。まずこの務めを果たさないのなら、これ以上他にわたしは何のアドバイスもできません。

さて、思い出してください、ここまでにお話したことは、まだ霊的な生まれ変わりのための導入部分です。みなさんが悔い改めるための最初のステップです。「赦しの秘跡」の手法的な部分についても触れておきましょう。

一点目。「赦しの秘跡」は、霊的な会話の場ではありません。ですから、司祭のもとにやってきて、しばらく霊的なおしゃべりをする場ではありません。あなたが犯した罪について「これとこれとこれ」といった具合に伝えなくてはいけません。それから司祭はあなたがたにアドバイスを与えます。ためになるアドバイスを適宜伝えます。そして、果たすべき償いを与え、みなさんは自分の犯したことを悔やみ反省します。それで終わりです。これが「赦しの秘跡」というものであって、「霊的会話」ではないということを覚えておいてください。

二点目。どの司祭に告解しても、秘跡の効力は同じです。「こちらの神父様の方がもっと心理学的に分ってくださる。」云々を言う人がいますが、司祭は皆さんのため、そして神のためにここに存在しているのです。司祭が重要なのではなく、みなさん自身が、みなさん自身が心を開くことが、そして、みなさんの神への信頼が重要なのです。

三点目。このことが最も大切なことでしょう。告解においては正直であってください。例えば、クリスマスの時期、まわりの人々が告解しているからといって、自分も告解しなくてはとやってくる人たちがいます。しかし、この人たちは、自分たちが犯した罪のことではなく、自分たちが犯してもいない罪のことを話すのです。自分の罪深さを認めることを恥ずかしいと思っているのです。

もし、自分は罪深くないと思っているのであれば、間違いなくその人はとても罪深い人です。神に近づけば近づくほど、自分の罪深さをより深く感じ、神性に近づけば近づくほど、自分は罪人であるということをより深く感じるものです。

例を挙げましょう。ここにホコリで汚れたガラスがあります。そのホコリを払ってきれいにします。「よし、これできれいだ。」と満足します。しかし、そのホコリを電球に近づけてみてください。まだまだ残っているホコリを発見するでしょう。太陽の光に向けてみてください。いかに汚れているかが分るでしょう。同様に、神に近づけば近づくほど、自分の魂の中の汚れにもっと気付くのです。

自分たちはそこまで罪深くないと思っている人たちが告解に来るとき、わたしはしばしばこう言いたくなります。「なぜみなさんは来たのですか?」と。「わたしには罪がありませんとわざわざ言いに来たのですか?」と。「お帰りください。告解する必要はありません。」と。

ですから、告解においては、自分自身に正直であってください。また、罪を過小評価したり、逆に、必要以上に罪深く思ったりしないでください。ときどき、行き過ぎなくらいに自分の罪を断罪してしまっている人たちがいます。正直に、客観的に、明確に、「わたしは○○と○○と○○の罪を犯しました。ごめんなさい。」と司祭に告げてください。

悔い改めは非常に大切です。― 「ごめんなさい。」 ― もちろんですとも。「これらの兄弟の中で一番小さなものにしたことは、わたしにしたことなのです。」と主は言われているのですから。みなさんは、イエズスの御手に釘を打ち込んだのですよ。ゴシップやら憎しみやら、人々に対して行ったあらゆる悪は、神に対しておこなったことと同じなのです。

今夜のプログラムはここまでです。正直に、信頼の心をもって、聖霊のうちに告白してください。涙が出てくるときには泣いてください。大きな声で泣いてください。悲しみがみなさんの涙とともに流れさるままに。

みなさんは今日、力強い信仰の礎をいただきました。また明日からも続けましょう。アーメン。(終)



スーダッツ神父 comments(10) -
スポンサーサイト
- - -
Comment








こんばんは、Taddyさん、別の場所の投稿してしまいましたが、お返事ありがとうございます。

それを読んで、やっぱり最後は祈りしかないのねってあきらめではなく、素直にそう思いました。

そう、わたしは教会から離れてしまった人々のためにこれからも祈り続けます。すぐに結果は出なくても。それが彼らに出来るわたしの最後の手段ですものね。

とうとう十戒についてのスーダッツ神父様の講話、訳し終えられたのですね。最近立て続けに出ていたので、ありがたく読ませていただいていました。

親についてのお話は一番心痛く、わたしはこれによって今のところ天国行きは無理そうだなって苦笑いです。

わたしの急所を思い出させてくださって、辛いとともに感謝です。

この次はもっと良い告解が出来るでしょう。

これからもすばらしいお話をわたし達愛読者?のために提供してくださいね。(わたしの友人もこのブログを読んでいます)

感謝と祈りをこめて。

アンナ
from. Anna | 2010/04/27 20:54 |
>> Annaさん

どうも最後まで読んでくださってありがとうございます!ご友人も読んでくださってたんですね。ありがとうございます。紹介した甲斐がありました。

十戒を全部網羅して告解に臨みたいという方も少なくないでしょうから、とにかく最後まで訳さなくちゃ!とちょっと頑張ってみました。下手な訳で申し訳ないのですが、少しでもスーダッツ神父様を通して語られるイエズスの愛に触れてくだされるのなら、ボクも幸いです。

かくいうボクも、翻訳しながら、いろいろと学ばせていただきました。神に感謝!十戒編の前に訳してご紹介した告解についての深い講話とあわせて、これから自分の告解にも役立てていきたいと思っています。

あまり英語になっている講話がないのですが、見つけ次第、またご紹介しますね。ひとつ長い動画があるのですが、そちらも時間を見つけて訳してみようかなと思っています。

イエズスとマリアは賛美されますように。
from. taddy | 2010/04/27 21:39 |
Taddyさん、

はい、またぜひぜひ他のお話しの方もTaddyさん訳で読みたいです。

よろしくお願いします。

神に栄光と賛美。
from. Anna | 2010/04/28 19:27 |
Taddyさん、

うれしいです。またTaddyさん訳で別のすばらしいお話しが読める日を心待ちにしていますね。

主に栄光と賛美!
from. Anna | 2010/04/28 20:04 |
Taddyさん、上↑の2つの同じような文面の投稿ごめんなさい!

パソコンがだいぶ危ない状態なので、自分で打った文面が見れなくて再度またコメントしていました。

このブログに投稿できているのが奇跡的です。限界がくる日までなんとか投稿し続けられますように・・・。

ではまた〜。
from. Anna | 2010/04/28 20:50 |
>> Annaさん

投稿の件、気にしないでください。コメント欄がいっぱいなのは嬉しいことなので♪

PCの調子が悪い中でも、奇跡的に読めているということは、神さまがこの内容だけは伝えておきたいと思われたのでしょうね。

イエズスの愛です。
from. taddy | 2010/05/03 23:34 |
ヨゼフィーネさんのブログとアンナさんからのお勧めで拝見しました。
Sudac神父様の講話を翻訳してくださって、本当に感謝しています。第9戒だけはちょっと短めのお話ですね。
それから、ひとつ気になったのですが、第10戒の中ごろに
土で汚れた草と翻訳されているのですが、これは汚れたガラスのグラスと訳すことはできないでしょうか?
以前、同じたとえを他の神父様から聞いたときに、そう言われたのですが。 英語に翻訳されたときに少しニュアンスが変わったのかも?とも思います。
これからも楽しみに読ませていただきます。よろしくお願いしますね。
from. ラララ | 2010/05/18 15:08 |
>> ラララさん

ご返答さし上げるのが遅くなりましたー!!ずーっとこっちのブログをおざなりにしてしまってたもので・・・。

ご指摘、ありがとうございます。確かに、「草(grass)」ではなく「ガラス(glass)」の可能性の方が高いし、何よりもしっくりきますよね!!クロアチア語から英語へ翻訳された方が「grass」とミススペルしてしまったのかもしれません。感謝!!
from. taddy | 2010/08/19 21:51 |
taddyさん、

今朝「神に心を開く」ってどういう意味だろうと思ってパソコンで検索してみたら、taddyさんのこの記事にたどり着きました。じつは昨日もこの記事を少し見ていて、「あっ!この記事、英語バージョンでちょっと読んだ事ある。それが日本語に訳されてる、やったー!今度ゆっくり読ませてもらおう」と思っていたところ。

スーダッツ神父の事は今年のはじめ、必然的にyoutubeで拝見しました。その後すぐ、josephineさんが彼の黙想会に参加したと彼女のブログで知りました。なんだかスーダッツ神父がみじかな人に感じてしまって、、。もしかしたら近い将来、日本で黙想会を開くんじゃないかなーって思ってしまいました。

これから家事の合間にこの記事をじっくり読ませていただきます。
楽しみが一つ増えました。ありがとう!
from. flowerosa | 2010/08/23 14:17 |
記事を訂正してくださってありがとうございます。

修道院の写真もとってもきれいですね。

お会いできてよかったです。
from. ラララ | 2010/09/06 13:38 |
<< NEW | TOP | OLD>>