スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
Divine Mercy / The Sacred Image
Divine Mercy


pattern


御絵は、「神のいつくしみの信心」を構成する要素の中でも、一番最初にファウスティナに明かされたものでした。


1931年2月22日、イエズスは「いつくしみの王」としての姿で彼女の前に現われます。彼は白い衣をまとい、片方の手は祝福するために上げられ、もう一方の手は胸の部分に触れていました。そして、衣の下から、赤と青白い光線が発せられていました。イエズスは、ファウスティナが見たビジョン通りの御絵を描くように頼みます。 


あなたが見たとおりに絵を描きなさい。そして、「イエズス、あなたを信頼します。」という言葉を刻み込みなさい。わたしはこの絵がまずあなたたちのチャペルにおいて、それから全世界で崇敬されることを望みます。(日記47) 


この絵を敬う人は滅びることがないことを約束します。そして、すでにこの世において、特に臨終の床にあるときに、敵に打ち勝つことを約束します。わたしの栄光として、わたし自身がその人を守ります。(日記48) 


いつくしみの泉に繰り返しやって来て恵みを汲み取ることができるよう、わたしは人々に器を与えています。その器とは、「イエズス、あなたを信頼します。」と書かれたこの絵です。(日記327) 


二つの光線は、御血と水を意味しています。青白い光線は、魂を義化する水です。赤い光線は、霊魂にとっての命となる御血を表しています。この二つの光線は、十字架上で苦しむ私の心臓が、槍に突き刺されて開いたとき、私の深いいつくしみの奥底から流れ出ました。この光線は、御父が下す罰から人々を守ります。彼らに与えられている避難所を住処とする人は幸いです。その人に神の裁きの手は下されないでしょう。(日記299) 


色や筆使いの美しさにこの絵の素晴らしさがあるのではありません。わたしの与える恵みの中にこそあるのです。(日記313) 


この絵によって、わたしは人々にたくさんの恵みを与えるでしょう。そして、この絵は、わたしのいつくしみが要求することを思い出させるものとなるでしょう。最も強い信仰を持っていたとしても、愛の行い無しには意味がないからです。(日記742) 


Divine Mercy
一番最初に描かれた御絵。
ファウスティナが見たイエズスの美しさに到底かなわず、ファウスティナは泣いた。


どれほど美しく感動的なものであったとしても、この御絵自体は単なる絵です。しかし、この御絵は信仰の神秘を示しており、また、わたしたちがその神秘を理解して受け取ることを助けてくれます。それゆえ、この御絵そのものが恵みの源なのではなく、恵みを受け取るための器であり、この御絵そのものが神なのではなく、神の恵みを思い出させるものなのです。また、救いは単純に信仰だけでもたらされるものではなく、愛を伴った行動によるものであるということにも気付かせてくれます。御絵を見て御絵が示す神の神秘を信じるには、信仰が必要です。しかし、いつくしみをいただくためには、正義が要求する厳格さをも凌駕するほどの愛といつくしみが必要です。貫かれたキリストの傷から注ぎ出る御血と水は、愛の行いの究極の姿である十字架の犠牲が、いつくしみを受けることのできる対価であることを思い起こさせてくれます。

神のいつくしみの信心 comments(0) -
スポンサーサイト
- - -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>