スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
Mijo 2012

pattern

軽井沢で行われたMijoのセミナーにあずかって、早くも一か月が経とうとしています。


Mijoをはじめ、ヨゼフィーネさん、エミーナ、ガビィさん、その他、黙想会を支えてくださった方々に、改めて感謝!今回は、自分の信仰にとって、そして、これからの人生にとって、たくさんの恵みをいただきました。


セミナーに行く直前まで、本当にひどい霊的戦いが続いていました。心は荒み、怠慢もよいところ。セミナーが近づくにつれ仕事も忙しくなり、行くのをやめようかと前日まで真剣に考えていたほどです。ですが、招かれた者は必ず招くのがイエズスのご計画。これだけひどい状態なのだから、きっとその分、恵みが多いのだろうなと心の奥底では感じていました。


Mijoのセミナーも今年で3回目。毎度ほぼ同じメンバーですので、一年ぶりにあう「家族」に「ただいま!」と言う感覚です。人と人の間の壁がなくなり、安心して参加できるからこそ、祈りや黙想に集中できるのでしょうね。


ボクは正直、セミナーの間に何かをいただいているという実感や超自然的な体験はありません。でも、確実に何かをいただいているのを、セミナー後、内的に感じます。つまり、日常生活に戻ったときに感じているわけです。


今回は、自分の中で静かに恵みが働いているのを感じています。セミナー前と後では、内的には別人状態です。自分の惨めさ、弱さ、罪深さ、そういったものを改めてひしひしと感じています。けれど、それがボクを絶望させるのではありません。「これだけひどい人間なのに、無でしかないのに、神はなぜこれほどにまでボクに愛を注いでくださるのだろうか?あなたの愛を受けるに全くふさわしくないのに、それどころか、あなたに背を向け傷つけているだけなのに、どうしてこんなに大切にしてくださるのだろうか?」と、己の惨めさによって、神の愛を深く感じることができているのです。


ボクはイエズスの眼差しに心の中で目を向けます。聖書の中には、イエズスの眼差しが多々出てきます。愛にあふれ、どのような惨めな者も無条件に受け入れ、ご自身のうちに招きこむように深く、どこか憐みに満ちた悲しげな眼差し。この眼差しがボクの心を貫き、心に光を注ぎ、イエズスの現存を強く感じさせます。


先日、枝の主日のミサにあずかっていた時のことです。「棕櫚の葉を手に持って〜」となじみ深い聖歌が歌われました。それまでの栄光にあふれた歌詞と違い、3番の詞はこうです。


「御苦しみの日近く、我らの罪のために、いけにえとなり捧げたもう主。」


イエズスを迎える大勢の民衆のホザンナの歓声は、数日後には呪いの罵倒に変わります。ご自分の時が近づいているのを感じておられる主は、どのような苦しい心のうちに、ロバに乗ってエルサレムに入城されたことでしょう・・・。それでも私たちを救うために、迷わず前進されます。誰のためでもなく、私たちのためにゴルゴタに向かって苦しみのうちに前進されるのです。こんな、惨めな人間のために・・・。


ボクは涙が止まらなくなりました。


そして、聖変化と聖体拝領のとき。掲げられたホスチアを見つめていると、また、ご聖体をいただいていると、涙が止まらなくなりました。イエズスは小さなパンの形で、ご自身を余すことなく私たちに与えてくださいます。このパンは動くことも逃げることもできません。悪者が持ち運び、冒涜することもできてしまう無力な形です。そういう危険性があったとしても、それでも私たちにご自身を与えたいと願うイエズスの愛・・・。なぜそこまでして私たちのために・・・。


このことを思うと、主を冒涜する人たちのため(彼らも主によって創られた主の子どもたちです)、また、傷ついた主の体を癒すため、主の愛を知った私たちが祈り償わなくてはといたたまれなくなりました。


ミサの中で主の愛に包まれ、主の愛に心を貫かれ、涙したのは、メジュゴリエでの回心以来でした。あぁ、なんというミサの価値!!まさに四旬節のこの時期に感じている主のご受難と、それに続く復活が、ミサの中で毎度繰り返されているのですよね。




P.S. 


セミナーの中でひとつ解けた謎がありました。以前、聖母子の絵のインスピレーションをいただき、ラフスケッチを描いていました。それを黙想会中に祈りながら清書していました。


ヨゼフィーネさんがいただいた美しい子守唄でMijoも大好きな「O Mein Leiber Jesus(私のイエスよ)」を歌っていたとき、「あ!」と気づきました。ボクの絵は、この歌を描いたものだったのです。聖母が幼いイエズスを優しくあやし、イエズスが小さなお手てで聖母の指を握っているという絵。まさに歌詞の内容と一致していました。




ミーヨ・バラダ comments(4) -
Mijo Barada (English Texts)
 eucharist


pattern

Mijo Barada, a Croatian Catholic charismatic who is blessed with the “gift of knowledge”, visited Japan and had a small spiritual retreat at a convent in Koganei, Tokyo. Although it was very hectic retreat due to the limited schedule, many people received numerous graces from the Lord. I really appreciate to Josephine, Gabi and the staffs who worked hard for the wonderful event to make it come true!! And, of course, my great gratitude goes to Mijo and Emina who traveled way over to Japan!!

 

Mijo talked mainly about the “land” on which we live. There are the places where the wars, crimes and epidemics repeatedly occur. Then, we can find the Spirit of War, the Spirit of Homicide, the Spirit of Rape and that kind of devils residing in such places. People often get mentally or physically sick without no specific reasons and we can sometimes trace its cause for their activities as well. In order to bind the devils’ power, we must pray and ask the Lord to bless the land and restore the beauty of the land at the Creation. Also, blessing the land is not only for our sake. When we pray for the land, those who lived there before and those who will live there in future can get the grace, too. Awesome, huh?

He shared the story of the power of praise, too. His brother is a famous psychiatrist and literally flying around the world to attend the international conferences. One day, he got a stomach ache and Mijo heard the voice of the Lord, telling him to go to see the doctor immediately. His brother found out the he had a cancer in terminal condition… Mijo told him to go to Church and confess his sins and attend the Mass. They prayed together and praised God together. And voila! His brother fully recovered from the cancer!!

 

Honestly speaking, I had been in spiritual dryness and I had a difficult time for praying during the retreat. No joy nor yearning for Jesus in my heart. It was hard to concentrate on prayer (well, a part of the reason was terrible heat and humidity of the Japanese summer!), and I was physically sick a bit as well. Despite such obstacles, I tried my best just to keep offering myself for who I am and what I am simply by my will.

 

On the first night, folks were praising God in tongues. I personally do not like the style of the charismatic renewal that much (I love contemplation and the spirituality of the Carmelites), so I knelt down and prayed in silence during the Adoration. Suddenly someone hugged me and kissed my head. It was Mijo. I was very surprised and wondered what it meant, since I hadn’t had a conversation with him yet at that time.

 

The most moving part was “Anointing of the Sick” given by the Fathers on the second day. When a priest marked my forehead and my palms with the blessed oil, I felt something very warm inside and was near to tears.

 

Mijo shared the messages from Jesus and visions given to him for each individual at the very last moment of the retreat. Hearing what he saw and what he received from the Lord for me, I finally understood the meaning of his action on the previous day. Jesus talked through Mijo with special and important private message. It struck my mind and he talked about something others than myself do not know. The vision was also amazingly beautiful. For instance, he saw Our Lady gently enfolding my prayer intentions into her mantle when I offer them on the altar. Although I cannot share the message and vision for me in detail with most of the people at this moment, I deeply felt how much Jesus and Mary love this miserable sinner. It was a wonderful reminder of my miraculous conversion experience in Medjugorje. Bogu hvala!!

 

Please pray for me, my friends. Fiat mihi secndum Verbum tuum.



mary
Our Lady and Child Jesus in the chapel.


chapel
Chapel in the early morning.


mijo
Mijo and Emina.


blessing
Mijo and priests are blessing the participants.


fathers
Fathers are blessing the folks after giving "Anointing of the Sick".
ミーヨ・バラダ comments(0) -
Mijo Barada
eucharist


「知識の賜物」をいただいているクロアチア出身のミーヨ・バラダ(Mijo Barada)氏が来日。8/13-8/14、小金井にある修道院で黙想会を開いてくれました。一泊二日の強行軍でしたが、ヒジョーに内容の濃い黙想会でした。

この黙想会を開催するために尽力してくださったヨゼフィーネさんやガビィさんに本当に感謝!!

ミーヨは、主に「土地」について話してくれました。戦争や殺人、強姦や疫病が多発する場所には、「戦いの霊」、「人殺しの霊」、「強姦の霊」、そういった悪霊が住みついてしまっているのだそう。だから、同じ場所で繰り返して戦争や同じような犯罪が発生するし、心身的にも影響が現れるとのこと。悪霊の力を縛り上げるために、自分の住んでいる場所を祝福する祈りを神さまにささげなさいと。それによって、その土地は神さまが天地を創造したときの美しさを取り戻すだけでなく、過去にその土地に住んでいた人たち、そして、未来にその土地に住む人たちも祝福を受けることを教えてくれました。同時にこの国のためにも祈りなさいと。

また、賛美の力についても。心身ともに健康になりたいなら、神さまに感謝し、賛美しなさいと。ミーヨの兄は著名な精神科医ですが、腹痛があるなと思ったら、末期ガンだったことが判明。しかし回心と賛美を通して、すっかり回復。そういう証しもシェアしてくれました。

実はボク、黙想会中もとても無味乾燥な状態でした。祈りにも喜びを感じないし、集中して祈れないし(暑さもあるけど!)、体調も良くないし。でも、とにかくこの状態も苦しみもそのまま神さまに捧げ続けました。一日目の夜、みんなが異言で賛美していました。ボクは、正直、聖霊刷新が苦手なので、跪いて静かに祈っていました。すると、ミーヨが回ってきて、突然肩に手をまわし頭にキスしてくれたんでビックリ。それまでミーヨとは何も話してないし、これは何か意味があるんだろうか?と。

一番感動したのは、二日目に神父さまが「病者の塗油」を額と両手にしてくださったとき。何かとてもあたたかいものを心の中に感じました。

そして、一番最後に、ミーヨがひとりひとりに神さまからのメッセージと、彼が幻視のうちに見るものを伝えてくれました。そこで前日のミーヨの行動の意味もクリアになったし、ミーヨの口を通して、神さまはとてもプライベートでとても大事なメッセージを与えてくれました。ミーヨがボクのために見たビジョンにも感動。主と聖母がいかにこのみじめな罪びとを愛してくださってるかということを改めて痛感させられ、感謝するばかり。

どうか、私のためにもみなさんお祈りください! Fiat mihi secundum verbum tuum. Amen.


mary
チャペル内の聖母子像


church
早朝のチャペル


mijo
ボケちゃったけど、ミーヨたち


blessing
一日目の夜、みんなを祝福する神父様たちとミーヨ


fathers
二日目、病者の塗油のあとにみんなを祝福する神父様方


ミーヨ・バラダ comments(29) -
| 1/1 |